2022/7/5

Madoki Yamasaki Exhibition “A Bird” at galleria a(7/29〜8/11)

山崎円城が神宮前のアトリエでの70日間
描き続けたタギングの展示がギャラリー主催で開かれることになりました。


“A Bard”
Madoki Yamasaki
個展


7月29日〜8月11日 オープンギャラリー
7月29日〜8月14日 オンライン公開


galerie a
渋谷区神宮前3-36-26 ヴィラ内川101
03-6874-6102


A Bird

2022/5/30

Zen 101 × Madoki Yamasaki (F.I.B JOURNAL)

F.I.B JOURNALより山崎円城とZen 101によるセッションの映像が公開されました。



Video shot and edited by Little Woody

2022/3/19

Sen’en Fujita

テキスタイルブランド
Sen'en Fujita


CMの音楽とナレーションを山崎円城が担当しました。
音楽はLittle Woodyとの共作


F.I.B JOURNALの曲をサンプリングしてトラックを制作しています。
是非ご覧下さい。


Sen'en Fujita from Sen'en Fujita on Vimeo.

2022/1/31

詩人の作り方 / How to make a poet 2 featuring ghostinmpc(Rework of F.I.B JOURNAL)Madoki Yamasaki

山崎円城がF.I.B JOURNALの曲を自由にサンプリングして、
リミックスではなく、新しい曲を生み出すリワークプロジェクトを着想しました。
2月2日リリースになります。


アートワークは山崎円城によるドローイング。


記念すべき処女作


詩人の作り方
How to make a poet 2 featuring ghostinmpc
(Rework of F.I.B JOURNAL)


by Madoki Yamasaki(山崎円城)


Rework





Lyrics by 山崎円城
Track by ghostinmpc


Vocal Recorded by ghostinmpc
Mixed and mastered by ghostinmpc


Art Work by 山崎円城
Design by Little Woody
Music Video by ナカヤマトモ
Video shooting by ghostinmpc

2021/12/29

Mineralization / rapakivi flower × Madoki Yamasaki

ラパキヴィ・フラワー(ふくいかな子)のピアノ
F.I.B JOURNALより山崎円城の言葉のみで録音された作品集

「Mineralization」

rapakivi flower × Madoki Yamasaki

1 Topaz
2 Iolite
3 Heliotrope
4 Phantom quartz

各種配信サイト・サブスクリプションにて、
12月29日配信リリースされました。

https://linkco.re/uX6MepTD

rapakivi

2021/5/18

I – ill / 山崎円城 樽栄嘉哉

元Indigo Jam Unitのフロントマンでピアニスト樽栄嘉哉と、
F.I.B JOURNALのフロントマンの山崎円城のピアノとスポークンワーズだけ、
リモートで製作された二曲が5月26日配信リリースされます。

大阪と東京、コロナ禍の日常にたたずむメロディと言葉を、
静かにやり取りをして編まれた楽曲です。


I



I / ill


山崎円城 樽栄嘉哉
Madoki Yamasaki – Yoshichika Tarue


山崎円城(Vo)
樽栄嘉哉(Piano)
カナミネケイタロウ(Contrabass)


Mixed by 北畑俊明(Alchemy Studio)
Mastered by 福岡直子(Alchemy Studio)


Vo dubbing by ghostinmpc


Cover design by Little Woody
Movies by 野田昌志

2021/5/14

OVOV feat 扇谷一穂 / ghostinmpc × Madoki Yamasaki

国内クラブジャズシーンのパイオニアJAZZ BROTHERSのYama a.k.a Sahibの
未公開トラックをghostinmpcとF.I.B JOURNALより山崎円城がリワークしました。

原曲のSign of SilenceとのE.Pとして5月21日配信リリースします。
OVOV feat 扇谷一穂(Rework of Sign of Silence)
ghostinmpc × Madoki yamasaki

OVOV

2021/5/6

光について featuring 山崎円城 / Caravan

Caravanと、F.I.B JOURNALより山崎円城のコラボレーションシングルが、
5月5日配信リリースされます。

https://linkco.re/YsPNeyEv

光について 7.32.36


2021/1/22

Headlight / Accovio+ghostimpc feat Madoki Yamasaki

川崎発の新レーベルBogos Recordsより
1月21日デジタルリリースされる第一弾シングルにF.I.B JOURNALより山崎円城がVoで参加しています。

ジャケットのアートワークは山崎円城によるスプレータギング。

Headlight / Accovio+ghostinmpc feat Madoki Yamasaki(F.I.B JOURNAL)

Headlight

2020/12/10

Go To Chit Chat / cro-magnon feat Madoki Yamasaki

Chit Chatのコンピレーションがリリースがリリースされます。

F.I.B JOURNALより山崎円城がジャケットのタギングやライナーや盤面の
アートワークを担当しました。

Caravan・Little Creatures・鎮座DOPENESS&Ken Ken等、
全12アーチストの未発表曲のコンピレーション。

トラックにもcro-magnonとのコラボレーションで参加しています。

ERA 2020 / cro-magnon feat 山崎円城

Go to Chit Chat


Go To Chit Chat
https://barchitchat.theshop.jp/items/37003851

2020/9/7

JAZZ PUNK Tee

F.I.B JOURNAL15周年で制作して即完したJAZZ PUNK Tee
限定で再発します。

9月26日リリース
Everybody Knows, Nobody Knows / Blind Alley
F.I.B JOURNAL DUO × 青柳拓次+田尻有太

新作7インチとのセットになります。
7インチ+JAZZ PUNK Tee Set(3800yen)

主要レコード店のオンライン限定オーダーになります。
取扱店についてはF.I.B JOURNALのSNSやこちらのH.Pなどで随時UPして行く予定です。

JAZZ PUNK

WENOD RECORDS
https://www.wenod.com/?pid=153830076

disk union
https://diskunion.net/jp/ct/news/article/0/91192

2020/1/2

武器よサラバ / DJ SAAT, DABO, Madoki Yamasaki&DA-Dee-Mix

ヘミングウェイで有名な同タイトル

山崎円城がラッパーのDABOとのコンビネーションでVoで参加。
シングルが2020年元旦に配信リリースになりました。

武器よサラバ

2019/10/20

MAN STEALS THE STARS / SOIL&”PIMP”SESSIONS

未来から来た詩人の架空の物語をテーマに作られた、
SOIL&”PIMP”SESSIONSの新作(12月リリース)
“MAN STEALS THE STARS”

山崎円城がタイトルトラックの作詞とVoで参加しました。
また盤面やライナーなどのワークにもタギングで参加しています。

 
MAN STEALS THE STARS盤面

2019/10/3

SOME JAZZY STEEZ / SMOKIN’ the JAZZ

F.I.B JOURNALより山崎円城・真船勝博が参加。
7インチのみで先行リリースしていた覆面インストジャズ・ヒップホップのユニット
SMOKIN’ the JAZZのニューアルバム”SOME JAZZY STEEZ”が、
LOUD MINORITY PRODUCTIONより12月にリリースされます。

山崎円城は"YELLOW MOON COMES"でフィーチャリングVoを担当しています。

SOME JAZZY STEEZ

2019/4/29

Tagging Tree / 言葉の樹を植える

山崎円城のタギングをLittle Woodyが映像化しました。


Tagging Tree / 言葉の樹を植える
山崎円城(タギング)
Little Woody(映像)


2019/4/9

POET MEETS DUBWISE × JOURNALSTANDARD

Silent Poetsの下田法晴氏が手がけるブランド


POET MEETS DUBWISE × JOURNALSTANDARD
山崎円城がモデルで参加しています。





57232062_10214353507414996_9062840289772699648_n

2019/2/9

MARUA / タギングカップ

MARUA / タギングカップ

MARUAとのコラボレーションで、山崎円城がタギングで詩を描いた、
マグカップをリリースしました。

MARUAの店舗、WEBSTOREで購入可能です。(1800yen)

140055097

MARUA
http://www.marua-kobe.com/

2018/12/28

OSAJI

オーガニックコスメブランドOSAJIの新プロジェクト「ICHI」CM音楽をF.I.B JOURNALのチームで作りました。


山崎円城(Vo,G)
沼直也(Dr)
Little Woody(Wb)
木村イオリ(Key)bohemianvoodoo
喜多野清樹(REC)Bang On Studio Daikanyama


2018/11/20

Silent Poets the Movie “SAVE THE DAY”

F.I.B JOURNALから山崎円城が参加したSilent Poetsフルバンド編成でのライブドキュメンタリー映画が公開されます。


東京(シネマート新宿)
2019年1月19日~1月25日

大阪(シネマート心斎橋)
2019年1月26日~2月1日


SAVETHEDAY_201811_01_fixw_640_hq

2018/11/13

SO NAKAMEGURO SHOP & HOTEL / Sound Track For Travelers

2018年11月15日オープンする1LDKが手がけるホテル。SO NAKAMEGURO

そこに宿泊した人だけが聴ける、東京にステイする旅人たちへのサウンドトラックとしてミックステープが作られました。

その中に、F.I.B JOURNAL「木が息吹くとき」が収録されています。
-----
SO NAKAMEGURO SHOP & HOTEL
Sound Track For Travelers
Selected & Mixed by Heavenless2100


SO NAKAMEGURO

2018/4/13

DEAL

フリーペーパーDEALに山崎円城のロングインタビューが掲載されています。
アルバム「多様性に住み DAYS365, Standing On The Corner」についてなどを語っています。


30688342_10211984267145470_5806443072887717888_n


DEAL
http://www.dealmagazine.net/

2018/2/28

Politician in mourning / TRI4TH

F.I.B JOURNAL活動15周年となる今年、
デビューアルバム"F.I.B HEAD LINE"から、
Politician in mourningが、TRI4THによりカバー、
5月リリースのアルバムに収録されます。

このカバーには、山崎円城がヴォーカルを再録音して、
TRI4THと共演しています。是非拝聴下さい。

TRI4TH "Hybrid ROOTS"

TRI4TH

6月1日代官山UNITでのTRI4THカバーアルバム
リリースパーティに、山崎円城がゲスト参加します。

2018/2/3

MARUA / タギンググラス

MARUA / タギンググラス

MARUAとのコラボレーションで、山崎円城がタギングで詩を描いた、
グラスをリリースしました。

MARUAの店舗、WEBSTOREで購入可能です。(1500yen)

127790100

MARUA
http://www.marua-kobe.com/

2018/1/6

iTunes

1月24日一般リリースですが、一週間前の1月17日に、
iTunes先行リリースが決まりました。

F.I.B JOURNAL meets 武田カオリ
「多様性に住み DAYS365, Standing On The Corner」

download

iTunes
https://itunes.apple.com/…/%E5%A4%9A%E6%A7%98%E6…/1331877118

2017/12/27

TOWER RECORDS ON LINE

タワーレコーズ・オンラインで、
F.I.B JOURNAL meets 武田カオリ / 多様性に住み DAYS365, Standing On The Corner、
ご予約を頂いた方全員に、新たに別途紙ジャケに、
山崎円城が、一枚一枚ダギンクをしたものを、特典で付けることになりました。

60077

TOWER RECORDS ON LINE
http://tower.jp/artist/417036/F-I-B-JOURNAL

2017/5/23

Apple Music

F.I.B JOURNAL+Orquesta F.I.B JOURNALのタイトル、
遅ればせながら、Apple Musicでも、聴くことが出来るようになりました。
是非ご利用下さい。

20150717_655027

2016/10/1

Madoki Yamasaki Poetical Works 2

山崎円城が等価交換で二冊目の詩集をリリースしました。1000部限定です。

一般流通はせず、ライブ会場などに、持ち歩く予定です。

14492551_1167163100018238_5080942273722924745_n

Madoki Yamasaki Poetical Works 2

詩・タギング:山崎円城
英訳:Jonathan Leask
アートディレクション:笠谷圭見
デザイン:RISSI INC.
印刷:中町印刷
(2016.oct out)

2016/6/7

A Short Film About DISTORTION

知的障害や、精神の疾患を持った作家の方々が、日々制作されている滋賀のやまなみ工房、
そのやまなみ工房の作家を、服や展示等を通じて、幅広く発信をしている、
PR-yの活動を追った映像作品が、上映、そしてDVD作品化されます。

「A Short Film About DISTORTION」

山崎円城も栃木もう一つの美術館の演奏などで、少し関わらせて頂いています。

DISTORTION

7月2日渋谷UP LINKで完成記念上映会
7月16日〜29日、大阪シネヌーヴォでロードショーになります。
(8月1日DVDリリース)

2016/4/27

niho works

陶芸家の吉村安司氏が、地元石川で採取した土を焼いた器、
MACHINO-hanayasanが、ブレンドした、フレグランス・スパイスキャンドル。
(キャンドルを使ったあとは、フラワーベースとして使用出来ます。)

その包装紙を、山崎円城が詩のタギングで制作しました。
みな天然ものなので、最後は、土に返すことが出来るという、
「niho works」金沢のMACHINO-hanayasanからリリースします。

13082609_10206490060793745_5816223855887725503_n

MACHINO-hanayasan
http://www.machinohana.com/

2015/11/13

The Minimalize meets Madoki Yamasaki / Poets in dub

Orquesta F.I.B JOURNALのメンバーで、
Reggaeのスペシャリストである、キーボーディストの外池満広が率いる、
The Minimalize、新年1月13日に、山崎円城のダブ・ポエトリーを
フューチャーした、7インチをリリースします。
(ジャケットデザイン・Little Woody)


Poet in dub A


OFR-007 1200yen(+tax)
Ordinary Folk Records 2016. Jan 13th out


Poet in dub Special Site
http://madoki-yamasaki.org/poetindub/

2015/11/6

Primitive Art Orchestra / qualia

処女作「HELIX」JAZZ JAPAN AWARD 2014
アルバム・オブ・ザ・イヤーニュースター部門を受賞した、
Primitive Art Orchestra、12月リリースの2ndアルバム"qualia"に、
山崎円城が二曲ヴォーカルで参加しています。

1006828052[1]

2015/10/6

MARUA / Poetical Pendant Top

MARUAとのコラボレーションで、山崎円城がタギングで詩を描いた、
ペンダントをリリースしました。

MARUAの店舗、WEBSTOREで購入可能です。

MARUA
http://www.marua-kobe.com/

11813434_10205052245849270_857921969385574479_n

2015/8/3

Ikuko Hirose Photograph

カメラマンの廣瀬育子さんの作品に、
山崎円城の詩のタギングを使ってもらっています。
model : drew(d'xim)/ hair&make : aki takahashi (EMBELLIR)

11695947_10204875260824755_2720895537610059000_n

2015/7/9

Renovation Journal vol.7

6月30日発売のリノベーションジャーナル vol.7に、
山崎円城のタギングが、紹介されています。

リノベーション・ジャーナルRJ

2015/5/10

GREEN COG

5月にオープンした浜松の自転車店GREEN COGにて、
DWARFが制作した、Orquesta F.I.B JOURNAL T-Shutsの
販売が始まりました。

GREEN COG
http://www.green-cog.com/

 

DWARF

2015/1/28

Postcard Record by Little Woody

F.I.B JOURNAL DUO+1 LIVE 3/21 at a-bridge

当日来場者の方に、Little Woodyが制作した
ダイレクトカットで、当日の音を彫った、ポストカードレコードをプレゼント。

2015/1/16

Orquesta F.I.B JOURNAL Tee by DWARF

Orquesta F.I.B JOURNAL T-Shutsを、
ライブ会場限定・数量限定で作りました。

Ghetto Stringsのリリースパーティでリリースします。
(30枚限定)

DWARF
https://www.facebook.com/DWARF.GARMENT?fref=ts

10931226_10203640158227962_8660327408366350733_n

2014/9/10

STARS ON PAN / PASSAGE OF STEEL

10月始めにリリースする13人編成のスティールパン楽団
STARS ON PANのニューアルバムに、山崎円城が一曲ボーカルで参加しています。

STARS ON PAN

2014/5/7

Children’s View(MuKu Magazine)

山崎円城が始めて、家族について綴ったフリーブック、
Children's Viewをリリースしました。


関係各店では5月中旬から発送・順次到着します。
MuKu magazine
http://www.muku-magazine.com/


詩・文:山崎円城
写真:野田昌志
デザイン・編集:Little Woody


988430_10201902186019743_1419236372_n

2014/3/16

Tagging Tote Bag by DWARF

発売したOrquesta F.I.B JOURNALの7インチ、
紙よさらばの詩を、山崎円城がタギングしたものを、
DWARFが、アナログサイズのトートバックを製作しました。
数量限定ですので、ライブ会場限定の発売になります。
(Sold Out)

DWARF
https://www.facebook.com/DWARF.GARMENT?fref=ts

10009278_10201827833240970_1595807312_n

2014/1/7

Children’s View Exhibition

「風が窓をトントンするのは、帰るお家を探している。子供の冬観察。世界は生きているね。」
去年の冬に、山崎円城が、子供との会話から見つけた詩を、
浜松の鴨江アートセンター、Cafe the eelに2月2日まで、展示しています。
お近くの方は是非。

鴨江アートセンター
http://kamoeartcenter.org/

1507566_10201468962949437_1417619561_n

2013/11/29

VINYL HUNTING TOURS

11月30日発売の雑誌PAPER SKY 43号の、
VINYL HUNTING TOURSという、Leeのページの中で、
Leeの服を着て、撮影して頂きました。

昔古着屋で働いていたこともあり、
こんな形でLeeを着れるのは、とても光栄なことです。


1454660_10201257374779865_250761609_n

2013/11/19

For Peacenic 2013

山崎円城が、横須賀のショクヤボ農園で開催されるフェス、
Peacenic 2013に、文を寄せました。


photo

2013/10/30

Small Theater Festival by Masahi Noda

山崎円城の自宅で、小さな演劇祭が行われ、
山崎円城は、吉田浩太郎と台所から、劇音楽を担当しました。


2013/10/28

Accovio New Album / Shetani

11月11日にリリースするAccovioのニューアルバムの
アートワークで山崎円城が、タイトルや曲目をタギングしました。


Accovio

2013/10/13

Madoki Yamasaki Poetical Works / Farewell to paper

山崎円城が等価交換で詩集をリリースしました。1000部限定です。

一般流通はせず、ライブ会場などに、持ち歩く予定です。

(交換品がなければ、一冊500円で購入も可能です。)


表紙

 

Farewell to paper / Madoki Yamasaki Poetical Works
(2013.oct out)

2013/8/13

MARUA Collaboration Bandana

山崎円城がタギングで詩を描き、MARUAとのコラボレーションで、
バンダナをリリースしました。

MARUAの店舗、WEBSTOREで購入可能です。

MARUA

 

MARUA
http://www.marua-kobe.com/

2013/8/12

Portrait by Kahoko Sodeyama

書籍の企画で、イラストレーターそで山かほ子氏に描いて頂いた
ポートレートが届きました。

1098522_10200561266377590_140336834_n

2013/7/1

DOARAT Collaboration T-shirt

詩を描くという手法の山崎円城のタギングと、
DOARATが、コラボレーションT-shirtをリリースします。

7月末から、DOARATや取り扱い店舗にて販売します。

DOARAT

DOARAT
http://www.doarat.net/

2013/6/18

DWARF Collaboration Shirt

ドメスティック・ブランドのDWARFと、
詩を描くという手法の、
山崎円城の自身によるタギングのコラボレーションします。

6/23(日)OnE drop Cafeにて、
ライブシルクプリント、それに販売もします。

DWARF

2013/5/27

Tagging at Hana Hayama

葉山の美容室hanaの外壁や、

オーナーの稲葉邸に詩を描きました。

20130529_568214

306979_466419253433383_112199317_n

2013/5/23

meetsPEOPLE Interview

Orquesta F.I.B JOURNAL 5/28 LIVE at Motion Blue

モーションブルーに向けた山崎円城のインタビューが掲載されました。

People

meetsPEOPLE Interview
http://www.meetspeople.org/2013/05/22/feature-13/

2013/5/19

Portrait by Tamaki Kitamura

画家のキタムラタマキ氏から肖像画が届きました。

オリジナルは同氏の個展期間中に、中目黒CAMARADAに展示されます。

Portrait

Tamaki Kitamura's H.P
Color dot decoration

http://www.color-dd.com/

 

2013/1/10

Radi_O_Graph DVD Album “WITH YOUR FAVORITE”

ライブフォトグラファーRadi_O_GraphのDVD Album "WITH YOUR FAVORITE"に
山崎円城のソロのパフォーマンスやタギングが収録されています。

ライブ画をあえて無声動画でリリースするあたりに
同氏の非凡なセンスを感じます。

6a0120a62b25ab970b017d3fba26b2970c-320wi

Radi_O_Graph
DVD Album "WITH YOUR FAVORITE"

7 Movies included
ROGV-001 1000yen (tax in)

Information
radio.mp33@gmail.com

2012/12/3

tio 2nd Album “melancholic”

12月中旬にリリースされるtioのセカンドアルバムについての文章を
山崎円城が寄稿しました。

------------------------------------------------------------

「tio / melancholic」

ぼくの街には海がない。あるけどそこは工業地帯だ。
思春期を過ぎると、不思議とみな海を探す。

きっと無意識にきれいなものを探していたのだ。

大人になると、そのきれいなものが
工業地帯や歓楽街にもあることが分かる。

tioに出会ったときに自然とそんなことを回想してしまった。

同じく四日市の工業地帯を背景にもつ彼等の音楽が
ぼくには沁みるほどによく分かる。

煙突が作るのは、スモッグじゃなくて
メランコリック。

F.I.B JOURNAL 山崎円城

6a0120a6857885970c017d3e682cd9970c-320wi

tio Website
http://www.t-i-o.jp/

2012/10/9

Black & Blue 2013 S/S

Black & Blue 2013 S/Sに山崎円城がモデルで参加しました。

6a0120a6857885970c017d3beeee60970c-250wi

6a0120a6857885970c017d3beeee24970c-250wi

Black & Blue 2013 S/S Information
http://blackandblue.jp